メニュー

粉粒体 - カネミ運送株式会社

06-6576-0623

  • 排出ホースについて

    作成日2021年01月20日(水)

    粉粒体運搬車の排出ホースについてのお話です。

     

    粉粒体運搬車の荷下ろしは先ず車体にあるコンプッレッサ―使ってタンク内にエアーを送り込みます。

    タンク内部の圧力が上がったらバルブを開け、排出ホースを伝って荷物を下ろします。

    この際、排出ホースには大きな摩擦が発生し、徐々にホースが摩耗します。

    放っておくとバーストの危険があります。

    ただこれが問題でホース内部の状態は見た目では全く分かりません。

     

    ホースの構造は図のように6層になっています。

    deri.jpg

    ファイバースコープで内部を確認しました。

     

    ③補強鋼線が浮き出て内部ゴムが摩耗した様子。

    IMG_018106.jpg

     

    新しいホースは内部がツルっとしています。

    IMG_021502.jpg

     

    荷物を下ろす頻度や荷物の種類により全車両が一定ではありませんので

    弊社ではトーエーモータースで3か月点検ごとに排出ホースの点検を行っております。

     

Copyright © カネミ運送株式会社 All Rights Reserved.